爪の角を切っちゃダメ!!巻き爪になる原因とは!?

爪の角を切っちゃダメ!!巻き爪になる原因とは!?

こんにちは!
磐田市・浜松市で巻き爪施術を行っているRISEです(^^)

突然ですが、正しい爪の切り方ってご存知ですか?

私は、爪切りっていつの間にか自分で切るようになっていて、誰かに教わったことがないように思います。

だから巻き爪の事を勉強するまで、正しい爪切りの方法を知りませんでした。

でも、私と同じように思っている方は意外に多いのではないでしょうか?

RISEに来られるお客様にも、爪の切り方を聞いてみると本当に様々です。

今回は、巻き爪と爪切りについて一緒にみていきましょう。

1.ダメな爪の切り方

爪の切り方が、巻き爪のきっかけになっていることは多くあります。

それは、巻き爪になるきっかけを自分で作ってしまっていることになります。

まず、巻き爪にならないためにダメな爪の切り方をご紹介します。

①深爪
爪の先の白いところが出てくると、気になって切ってしまうという方はいませんか?
爪を深爪するほど切ってしまうのは良くありません。

②丸切り
爪の形がキレイに見えるからと、丸切りをしてしまうのも良くありません。

③三角切り
丸切りと同じで爪の角を深く切ってしまう切り方です。
巻き爪になって、爪が伸びてくると痛むので更に角を切りたくなってしまいます。

どんどん深く切ってしまう事になるので気をつけましょう。

2.正しい爪の切り方

では、どのような切り方が良いのでしょうか?

それは、
「スクエアオフ」
という切り方です。

爪の先端を真っすぐ横に切ります。
長さは指と同じぐらいか1~2ミリ短く。
角は何かに引っかからないようにヤスリで丸く削ります。

3.爪を伸ばそう!

少し爪の角が巻き爪のようになって、気になるようになると、ついつい角を切ってしまったり、

爪が食い込まないところまでどんどん切ってしまうようになります。

そうすると爪は伸ばしづらくなり、更に巻き爪を悪化させてしまう可能性があります。

巻き爪を予防するためには、まずは爪を伸ばすことが大切です。
指の長さよりも長く伸ばすことはお勧めしませんが、指と同じ長さぐらいまではしっかりと伸ばしましょう。

4.まとめ

爪の切り方はわかったけど、現在既に巻き爪で痛みがあり、爪が伸ばせないよ!!
という方は、お早めにRISEにご相談くださいね(^^)

ブログカテゴリー

アーカイブ