巻き爪の原因は爪の切り方だった!?深爪が良くない理由とは?

巻き爪の原因は爪の切り方だった!?深爪が良くない理由とは?

こんにちは!
浜松市・磐田市で巻き爪施術を行っているRISEです。

気が付くと巻き爪になっていたけど、なんでだろう?
いつから巻いてしまったのだろう?

と、痛みが出てから自分の爪が巻き爪になっていると気づく方も多いと思います。

しかし、痛みが出るほど巻き爪になってしまっているときには、

自分ではなかなか対処ができない状態になっていることがあります。

巻き爪の原因がわかっていれば、気を付ける事ができます。

巻き爪の原因は、爪の切り方・靴・歩き方・乾燥など様々です。

今回はその中でも特に誰でも気を付ける事の出来る、『爪の切り方』についてみていきましょう。

1.巻き爪とは?

巻き爪とは、爪の端が内側に巻き込み皮膚に爪が食い込んでいる状態です。

食い込み方はいろいろで、
・片側だけが食い込む巻き爪
・ストロー状に両側から丸く食い込む巻き爪
・ホッチキスの芯のように食い込む巻き爪
・皮膚に爪が埋まったようになってしまう陥入爪

などがあります。

主に足の親指に起こる事が多いのですが、他の指や手の指にも起こる事があります。
老若男女問わず、巻き爪に悩まされている方は多くいらっしゃいます。

2.巻き爪の原因

巻き爪の原因も様々ですが、爪の切り方を間違ってしまい

巻き爪になるきっかけを作ってしまっている方は多いと思います。

巻き爪の原因になってしまう爪の切り方とは・・・

「深爪」です!!

爪を短く切り過ぎてしまう事が巻き爪になるきっかけになっています。

深爪のほかに、丸切りや三角切りのように角を爪の角を短く切ってしまう切り方も良くありません。

短く切らないと気が済まない!

という方もいらっしゃいますが、巻き爪を予防するためにとても大切になります。

3.爪は伸ばせば良いの???

深爪が良くないということは、爪を伸ばしておけば巻き爪にはならないのでしょうか?

爪は短すぎも良くありませんが、長すぎも良くありません💦

足の爪は体重が適度にかかり、下からの反力を受けてまっすぐ伸びます。

指よりも爪が長くなってしまうと、体重もかからず、

下からの反力も受けない爪は巻いてしまいます。

なので、伸ばしすぎも良くありません!

では、どのように切れば良いのでしょう?
爪の正しい切り方についてみていきましょう。

4.正しい爪の切り方

巻き爪にならない為に、爪の正しい切り方を見ていきましょう。

①爪の長さは、皮膚と同じぐらいか1~2ミリ短いくらいが理想的です。

②爪の形は四角く、スクエアオフがオススメです。
爪の先を横に真っ直ぐ切り、角は引っかからないようにヤスリなどで削ります。

正しい切り方を保つことで、痛い巻き爪を防ぐことができるので、

是非実践してみてください。

5.まとめ

今回は爪の切り方についてみていきましたが、いかがでしたでしょうか?

切り過ぎてしまっているなぁという方は是非気を付けてみてください。

しかし、既に巻き爪で痛みがあり、

爪を切らないとどうしようもないという方は、お早めにRISEにご相談くださいね。

ブログカテゴリー

アーカイブ