巻き爪治療は爪を伸ばすことから!

巻き爪治療は爪を伸ばすことから!

こんにちは!
磐田市で巻き爪施術を行っているRISEです。

巻き爪予防で一番簡単で大切なのは、爪の切り方です。

爪を指の長さよりも短く切ってしまうと、巻き爪になりやすくなります。

また伸ばしすぎも、巻きやすくなる原因になります。

どの程度の長さが良くて、どのように切るのが良いのか、

今回は巻き爪予防として、とても大切な爪切りについてお話していきます。

1.巻き爪とは

巻き爪とは、爪の両端の先端部が、強く内側に湾曲した状態を言います。

巻き爪になるのは、負担のかかりやすい足の親指の爪であることが多いのですが、

その他の指の爪も巻き爪になることがあります。

巻き爪は、見た目が悪くなってしまう程度のことと、侮っては行けません。

巻き爪が進行していくと、肉の部分に曲がった爪がどんどん食い込んで、

次第に激しい痛みを引き起こすようになります。
さらに、曲がった爪に巻き込まれた皮膚が化膿してしまい、

歩くことができなくなる場合もあるのです。

10人に1人は悩んでいると言われているくらい、

巻き爪の方は多く、ちょっとした原因がきっかけでなってしまうことが多いと言われています。

2.巻き爪の原因

このように、巻き爪で悩まれている方は多く、また原因も様々です。

・爪の切り方
・靴による圧迫
・サイズの合わない靴
・運動やスポーツ
・加齢
・乾燥
・歩行不足
・歩き方
・肥満
・妊娠(急激な体重の増加)
・爪水虫
・爪疾患
・ケガ
・遺伝的要素  など・・・

また、原因は1つではなく、複数のことが関わっていることがあります。

3.正しい爪の切り方

様々な原因の中で、特に爪の切り方は自分でも対策ができるところなので、

日頃から注意して行っていただきたいですね。

理想的な爪の長さは、一般的に爪と指先の長さが同じくらいの長さになっている状態です。

さらに、爪の先の形が四角くなっている状態を保つことで巻き爪になりにくいと言えます。

爪を深爪のように短く切ってしまったり、角だけを短く切り落としてしまう事で、

皮膚に食い込みやすくなり、巻き爪になりやすくなったり、巻き爪がひどくなる可能性があります。

そうなると、爪が伸びる途中で皮膚に刺さってしまい、伸ばすのが困難になってしまいます。

正しい爪の切り方を続けることで巻き爪になりにくい爪を目指しましょう!

4.短い爪の伸ばし方

爪を伸ばしたいけど、伸びるまでに爪が皮膚に刺さり伸ばせない・・・
という方もいらっしゃると思います。

そんな時は、コットンパッキングがオススメです。

コットンパッキングとは、爪と皮膚の間にコットンを詰める方法です。

爪が皮膚から離れるため、応急処置として爪が伸びるまで行っていただけると良いと思います。

やり方は、コットンをちぎり、米粒大の大きさに丸めます。
それをピンセット、もしくは爪楊枝で爪と皮膚の間に詰めます。

衛生面があるので、毎日交換してください。

5.まとめ

今回は巻き爪対策にはとても大切な爪の長さについてお話しました。

爪は長すぎても、短すぎても巻き爪になるリスクが高くなります。

正しい切り方で、しっかり巻き爪予防をしていきましょう!

巻き爪でお悩みのことがございましたら、お気軽にRISEまでご相談ください。

ブログカテゴリー

アーカイブ