私の巻き爪、痛みが無いから大丈夫???

私の巻き爪、痛みが無いから大丈夫???

こんにちは!
磐田市・浜松市で巻き爪施術を行っているRISEです。

先日、巻き爪のご相談でお電話を頂きました。
ご相談の内容は、以前から巻き爪で悩んでいるとのこと。

しかし、現在、爪は巻き込み皮膚に食い込んではいるが痛みはないので、

治療を受けようか迷っているとのご相談でした?

痛みが無くても、早めのご来院をおすすめします!

今回のご相談だけではなく、

痛いときは巻き爪の事ばかり考えてしまいますが、

痛みがないと忘れてしまいがちです。

そうなると、治療も後回しになり、

また何かのきっかけで痛みが出たり、悪化してしまう可能性があります。

爪が強く巻いていれば、痛そうと思いますが、

常に痛みを感じている人ばかりではありません。

今回は、巻き爪と痛みの関係についてみていきましょう。

1.どうして巻き爪になるの?

まず、爪はどうして巻いてしまうのでしょうか?

爪はもともと巻く方に進む性質があります。
なので、爪を伸ばし続けていると、どんどん巻いてしまいます。

ではどうしたら巻いてこないようにできるのでしょうか?

それは、爪の切り方や履いている靴、

爪の乾燥などの状態が影響していることが多くあります。
そして、適切な負荷が加わらないと爪が平行に伸びる力が加わらず、

負荷がかからなければかからないほど巻いていってしまいます。

巻いてしまった爪は、自然に治ることは難しくなります。

でも痛みが無いし気にならないから、放っておいても大丈夫でしょ?
と思う方もいらっしゃると思います。

次に巻き爪が痛くない理由をみていきましょう。

2.巻き爪が痛くない理由

爪が強く巻いていても痛くない理由は、非常にシンプルで、

単純に負荷がかかっていないから痛くないのです。

つまり、爪と皮膚は接触していても、

そこに体重が加わらないと痛みが出ないことがあります。

体重がかかってしまうと痛みが出るので、

無意識に指に体重をかけないようにしたり、

指を浮かしてしまう歩き方になってしまいます。

痛みがあると、自然とその痛みを回避しようとします。
回避することで指に体重がかからなくなり、

更に巻き爪を助長してしまうことに繋がってしまうのです。

3.巻き爪をなんとかしたい方へ

以上のように、

巻き爪の痛みを繰り返してしまっていて、何とかしたい!と思っている方へ。

まずは踏み込んでも痛くない状態を作ること。

そうすることで、爪に体重をかけることができます。

RISEでも、まずは巻き爪の食い込みを軽減させるために、

プレートで補正をしていきます。

爪の食い込みが軽減することで、痛みは治まります。

そして、歩行時に指先まで正しく体重がかかるように、トレーニングをしていきます。

痛みを避けるように歩いていた癖は、なかなか簡単には治りません。

歩き方や体重のかかり方がそのままだと、巻き爪の再発に繋がってしまいます。

再発を防ぐためにも歩き方も見直していきたいですね!

4.まとめ

今回は、痛みがない巻き爪についてみてきました。

今は痛みがなくても、以前は痛みがあって悩んでいた方。

何かが当たると痛いけど、普段歩いている時は痛くない方。

今、放っておくと、将来大変なことになってしまうかもしれませんね。

我慢せず、お早めにご相談くださいね。

ブログカテゴリー

アーカイブ