その靴大丈夫?巻き爪にならない為の正しい靴の選び方

その靴大丈夫?巻き爪にならない為の正しい靴の選び方

こんにちは。
磐田市で巻き爪施術をしているRISEです。

ズキズキ痛む巻き爪。

旅行に行きたくても、巻き爪の痛みが気になってなかなか行けない。
日常生活の中で巻き爪の痛みがあり、毎日を楽しめない。
スポーツを楽しみたいのに、巻き爪のせいで思いっきりできない。

そんな方はいらっしゃいませんか?

巻き爪は、なってしまうと自然に治るのは難しく、

放っておくと悪化してしまう恐れがあります。

日々を楽しむために、巻き爪の原因と予防法を知っておいていただきたいと思います。

巻き爪の原因は様々あり、

今回は巻き爪の原因の中でとても重要な靴の選び方について一緒にみていきましょう。

1.ダメな靴

まずは、足に悪い影響を与える靴からみていきましょう。

【先の細い窮屈な靴】
外からの衝撃や、圧力が加わることにより、一回一回の衝撃は大したことなくても、

その衝撃が積み重なることにより、爪や爪を作っている根元に外力が加わってしまい、

爪を変形させる原因になってしまいます。

【バランスのとれないヒール】
ヒールはバランスが悪く、高ければ高いほどアンバランスになってしまいます。
そもそもヒールはつま先歩きで歩いているようなものなので、

足が着いたときに衝撃を吸収することができません。

【サイズが合わない靴】
大きい靴だと指が靴の中で大きく動くことで、衝撃が加わりやすくなってしまいます。

小さい靴だと爪や指などが常に圧迫されてしまい、

その圧力が巻き爪の原因になってしまいます。

【固定できない靴】
サイズが理想的でしっかりと衝撃を吸収してくれる靴でも、

紐やマジックテープで固定することができないと、

靴の中で指が大きくぶれてしまい衝撃を受けてしまいます。

2.足に優しい靴を選びましょう!

・紐で足の甲の部分をしっかり押さえられる構造
・踵の部分がしっかりしている
・ヒールは3㎝以内
・インソールが足裏にフィットしている

パンプスを選ぶなら・・・
・靴先はオブリーク型
・甲をしっかり押さえられるバンドが必須で、ボタン式のものよりはマジックテープ型が良い
・ヒールの高さは3㎝、どんなに高くても5㎝を超えない

これらのことを踏まえて、靴選びをしていただくことをおすすめします。

3.まとめ

巻き爪予防に関して、靴選びというのは重要なポイントですね。
靴選びはもちろん、履き方を間違えていると、足に余計な負担がかかってしまいます。

靴の環境が悪いと巻き爪になりやすくなり、再発率も高くなります。

自分にぴったり合う靴選び、正しい歩き方を知ることで、巻き爪の再発も防ぐことができます。

ブログカテゴリー

アーカイブ