ケガから巻き爪に!?注意しておきたい事

ケガから巻き爪に!?注意しておきたい事

こんにちは。
磐田で巻き爪施術をしているRISEです(^^)

RISEに巻き爪でご来院いただく方のお話を伺うと、

靴が履けない、爪が切れないなどの悩みを抱えている方や、

痛みがひどくなると正しい姿勢で自然に歩くことが困難だったり、

腰痛やひざ痛などを引き起こしている方もいらっしゃいます。

巻き爪は、なかなか自分では治せないし、

あきらめてしまっていたという方もいらっしゃいます。

ひどくなったり、爪以外のところに不調が出る前にケアをして頂くことをおすすめします。

巻き爪の原因は様々で、爪の切り方・靴の選び方・体重などがありますが、

今回は足の指先のケガが原因で起こる巻き爪について一緒にみていきましょう。

1.巻き爪とは

巻き爪とは、爪の端が巻いて内側に巻き込んだ状態のことです。
日本人の10人に1人が患っていると言われています。

爪が巻いて肉に食い込み、時には炎症を起こして、激しい痛みを伴います。

軽度のうちに対処すれば、その分早く治りますので、

痛みが気になったら早めに対処しましょう。

2.巻き爪の種類

巻き爪には様々なタイプがありますが、代表的な2つの変形についてみていきましょう。

①陥入爪(かんにゅうそう)
爪が伸びてきたときに、爪の両脇の角が指の肉に深く食い込んだ状態を「陥入爪」と言います。

爪が食い込んだ周囲に痛みや赤身、炎症がみられます。

腫れるとさらに爪の角が肉に埋もれて悪循環になってしまっています。

炎症が長く続くと、出血しやすい肉芽を形成します。
ひどくなると、食い込んでいる部分に雑菌が侵入して化膿を起こし、さらに痛みが強くなります。

②湾曲爪(わんきょくそう)
爪が全体的にひどく湾曲しながら伸びていった状態を「湾曲爪」と言います。

これがいわゆる「巻き爪」の状態です。

特に爪先の方で顕著で、

前方から見ると逆U字型、馬蹄型、アルファベットのCのように見えたり、

爪の湾曲が強くなると「のの字」型や円形になります。

変形が強くなると痛みを生じてきますが、爪の形の変化だけで痛みや腫れなどの症状がない方もいます。

3.ケガが原因の巻き爪

爪が深い位置で割れると巻き爪になることがあります。
また、ケガが元で爪が抜け落ちると陥入爪になる確率が高くなります。

陥入爪は、爪切りが困難なので爪端にトゲができて皮膚が膿んでしまうことがあります。

ひどくなると肉芽ができて激し痛みを伴います。

4.予防法

爪の部分や周囲を怪我し、爪の部分の内出血がひどい場合は、

後日、爪が抜け落ちる場合があります。

新しく生えてきた爪が陥入爪であれば早急に処置する必要があります。
ある程度爪に硬さができた段階なら補正が行えます。

しかし、巻き爪付近の皮膚に異常がある場合(感染症や出血・化膿している場合など)は、

施術をすることが、残念ながらできません。
病院での治療後、異常が治まったことを確認の上、補正を行っていきます。

5.まとめ

今回は、ケガと巻き爪の関係について、お話しました。

ケガの痛みは、ケガが治れば自然と忘れてしまいますが、

その後巻き爪になってしまうと、巻き爪が原因で痛みが出てきます。

長く巻き爪に悩まされないために、早めのケアをおすすめします。

巻き爪でお悩みのことがございました、お気軽にお問い合わせくださいね。

ブログカテゴリー

アーカイブ