痛い巻き爪!!深爪が原因!?

痛い巻き爪!!深爪が原因!?

こんにちは!
磐田市で巻き爪施術をしているRISEです。

「あなたの爪の切り方は正しいですか?」
と聞かれても、どんな切り方が正しくて、

どんな切り方が悪いのかを知っている方をあまり多くないかもしれません。

RISEに来院される患者様に、

今までどのように爪を切っていましたか?と質問すると、
爪が少しでも伸びると気になるので、深爪になるように切っている方
爪が伸びてくると巻き爪で痛みが出るので、爪の端を斜めに深く切っている方

など深爪気味に切ってしまっている方が多くいらっしゃいます。

深爪は巻き爪の原因の中で特に注意しなければいけません!
また、自分で予防できるところでもあるので、

正しい爪の切り方で巻き爪になりにくい爪を目指しましょう。

1.ダメな爪の切り方

まずは巻き爪になりやすい爪の切り方からみていきましょう。
自分の切り方が巻き爪になりやすい切り方になっていないか確認してみてください。

①深爪
深爪は読んで字の通り、深くまで切った爪のことです。

簡単に言えば切り過ぎですね。

特に足の爪を深爪にしてしまうと、

爪の下の柔らかい部分が地面との圧力で盛り上がってきます。

その盛り上がった肉の圧力で今度は爪が巻き始めてくるのです。

では、どの程度まで切ると深爪になるのでしょうか?

爪は肉の部分まで切ると切り過ぎです。
指先と爪先の長さが同じくらいか、指先から1~2ミリ後退した位置が良いとされています。

②丸切り・三角切り

意外に多いのがこの切り方です。

「丸切り」「三角切り」は爪の両端(角)を深い部分まで切り落としてします切り方です。

「丸切り」「三角切り」は、爪の両端を深い位置まで切り込むことによって

両端部分の皮膚がむき出しになり、肉が盛り上がってきます。

肉が盛り上がった部分に爪が伸びてくるので痛みが発生して、

巻き爪や陥入爪になってしまうのです。

2.正しい爪の切り方

爪切りの正しい方法はスクエアオフという切り方です。

まずはスクエアカットを作ります。

スクエアカットは爪の先端を丸くするのではなく、

真っ直ぐにカットするイメージです。

スクエアカットだけでも巻き爪にならないための切り方になるのですが、

爪の先が角ばっていると服に引っかかったり、ストッキングや靴下に引っかかって不便です。

なので、スクエアカットで角をヤスリで削りなめらかな角に仕上げます。

これがスクエアオフです。

また、スクエアカットは爪の面積が広くなりますので、

ネイルをするのに最適なことと、指が長く見えるという2つのメリットもあるのでオススメです。

3.切るタイミング

爪を切るタイミングはいつが一番良いのでしょうか?

それは、お風呂上がりの爪が柔らかいときが一番良いタイミングです。

爪は多層構造になっているので、爪が硬いときに爪切りをしてしまうと、

爪が割れたり、2枚爪になってしまったりします。

また見た目ではわからなくても、小さなヒビが入ることがあります。

爪切りはお風呂上りの爪が柔らかいときに行うのが一番良いタイミングです!!

是非実践してみてくださいね。

4.まとめ

今回は、爪の切り方についてみてきました。
正しい切り方を心がけて頂くことで、巻き爪にもなりにくくなりますし、

きれいな爪を保つことにもつながります。
健やかな爪を目指して、しっかりケアしていきましょう!

爪の切り方などご不明な点は、お気軽にRISEにご相談くださいね。

ブログカテゴリー

アーカイブ