私の巻き爪、痛くないから大丈夫?

私の巻き爪、痛くないから大丈夫?

こんにちは!
磐田市で巻き爪施術をしているRISEです。

私の巻き爪は痛みがないから大丈夫!

と思っている方いらっしゃいませか?

今、痛みがないからといって、

これ以上ひどくならないとは限りません。
痛みがないという方も、以前は痛かった

と痛みを繰り返している場合もあります。

今回は、痛みがなくても要注意な巻き爪について一緒にみていきましょう。

1.巻き爪とは

巻き爪とは爪の端が内側に巻き込み、皮膚に食い込んでしまう状態です。
特に足の親指に起こります。
様々な年齢の方が悩まれており、

悪化すると強い痛みと、腫れや化膿してしまう事があります。

巻き爪は自然に治ることは少ないため早めの対策がとても大切といえます。

2.巻き爪の痛み

巻き爪になるとどんな時に痛みを感じるのでしょう。

巻き爪の痛みはさまざまあり、

歩くときに痛い
ズボンなどに引っかかると痛い
前方からの圧力がかかると痛い

中には、お風呂から上がると痛いという方もいらっしゃいます。

このように色々な痛みの種類があるので、

これは巻き爪かな?と思ったら早めにケアしていただくことをおすすめします。

3.巻き爪の再発、要注意!!

巻き爪矯正をすることで爪の変形や痛みはなくなりますが、

巻き爪を矯正しても、再発しやすい方がいらっしゃいます。

こんな方は注意が必要です!
歩き方に問題があって骨格などが歪んできている方
外反母趾になっている方

このような方は巻き爪を矯正することはもちろんのこと、

体重のかけ方や、歩き方も見直していかなければいけません。

なぜなら爪だけをキレイに矯正しても、

体重のかけ方や歩き方が変わらなければ、

巻き爪が再発してしまう可能性があるからです。

また、体重が急に増えたことが原因で巻き爪になっている方も要注意です!

爪にかかる負担も大きくなっているので、巻き爪が悪化しやすくなります。

4.巻き爪予防

巻き爪予防として、ご自宅でできる簡単な体操をご紹介します。

①筋力強化

まずは、普段うまく使えず、弱くなってしまっている筋肉を使ってみましょう。

(1)床に座った状態で、足を伸ばし、足首を上下に動かす運動

(2)指を大きく開いて(パー)閉じる(グー)運動

(3)地面にタオルをおいて、指で自分の方に手繰り寄せる運動

これらの運動をしっかり行う事で足回りや足の指の筋力がついてきます。
まずは1日10回を1セットとして1日3セットはやってみてください!

②ストレッチ

ふくらはぎや足の裏の筋肉のストレッチをしましょう。

足首をくるくる回したり、青竹踏みなども効果的です。

毎日続けて頂くことが重要なので、少しずつ習慣にしてみてくださいね。

③保湿

健やかな爪を保つためには、保湿も欠かせません。

爪は乾燥すると収縮し、巻き爪になりやすくなってしまいます。

ネイル用のオイルやハンドクリームでも構いませんので、

保湿のケアもしっかり行っていただくことをおすすめします。

5.まとめ

今回は、巻き爪の痛みや予防法についてお話させていただきました。

巻き爪は痛みが出てしまうととても辛いです。

今痛みがなくても、長時間歩くことがあったり、

何かのタイミングで痛みが強く出る可能性はあります。

放っておかず、早めの対処をおすすめします。

また、現在痛みを我慢している方も、お気軽に巻き爪RISEまでお問い合わせくださいね。

ブログカテゴリー

アーカイブ