これって巻き爪?巻き爪の初期症状!

これって巻き爪?巻き爪の初期症状!

こんにちは!
磐田市で巻き爪施術をしているRISEです(^^)/

「巻き爪ってよく聞くけどどうなったら巻き爪なんだろう?」

「最近爪が丸まってきたけど、そんなに痛みもないし巻き爪じゃないよね・・・」

「指が痛いけど、これは巻き爪なのかな?」

痛みがあっても本当に自分が巻き爪なのか、

どうなったら巻き爪なのか、

判断に困ることがあると思います。

今回は、どうなったら巻き爪なのか?

巻き爪かな?と思ったらどう対処すればいいのか?を

一緒にみていきましょう。

1.巻き爪とは

巻き爪とは、爪の両端の先端部が、強く内側に湾曲した状態を言います。

巻き爪になるのは、負担のかかりやすい

足の親指の爪であることが多いのですが、

その他の指の爪も巻き爪になることがあります。

巻き爪は、見た目が悪くなってしまう程度のことと、侮っては行けません。

巻き爪が進行していくと、

肉の部分に曲がった爪がどんどん食い込んで、

次第に激しい痛みを引き起こすようになります。
さらに、曲がった爪に巻き込まれた皮膚が化膿してしまい、

歩くことができなくなる場合もあるのです。

2.原因

そもそも、巻き爪はどんな人に多いのでしょうか?

一般的に巻き爪は小さなお子様から高齢の方まで

幅広い年齢の方が悩まれています。
これだけ幅広い人たちがなっている巻き爪です。

原因も様々あります。

その中でも特に多いのが、

・爪の切り方
・靴
・歩き方

では、どんなことに気を付ければ良いのでしょうか?

3.巻き爪にならないための注意点

①爪の切り方
巻き爪にならないために、特に気を付けたいのが深爪です。
爪は深く切ったり、丸く切ったり、山のように切ってしまうと、

その切り方が原因で巻き爪になってしまうことがあります。

正しい切り方は、

指の先端と、爪の長さが同じくらいで真横に切り、

端だけ靴下などに引っかからないよう、ヤスリで削ります。

②足に合った靴
靴を選ぶポイントとしては、
・紐で足の甲の部分をしっかり押さえられる構造
・踵の部分がしっかりしている
・ヒールは3㎝以内
・インソールが足裏にフィットしている

パンプスを選ぶなら・・・
・靴先はオブリーク型
・甲をしっかり押さえられるバンドが必須で、ボタン式のものよりはマジックテープ型が良い
・ヒールの高さは3㎝、どんなに高くても5㎝を超えない

これらのことを踏まえて、靴選びをしていただくことをおすすめします。

③歩き方
歩き方が原因かどうかは、自分ではなかなかわからないと思います。

なので、難しいことは考えず、

まずはカカトから足を着いて、指で蹴りながら歩くように意識することから始めてみてくださいね。

4.巻き爪かな?と思ったら・・・

自分が少しでも巻き爪かな?と思ったのなら、

その時点で巻き爪になっている可能性があります。

なぜなら普段生活している中では普通、爪のことは気になりません。

でも爪が気になっているということは、すでに何らかの症状が出ている、

もしくは何か違和感が出ている状態と言っても構わないと思います。

巻き爪はそのままにしておいても自然に良くなることはほとんどありません。

痛みがすでに出ている方ももちろんのこと、

まだ違和感だけという方も早めに対策をすることをおすすめします。

5.セルフケア

巻き爪かな?と思った時の応急処置として、自宅でできるケアをご紹介します。

○テーピング
①指の側面の皮膚を爪から離すように、皮膚を広げながらテープを貼ります。

②反対側の指の側面も同じように、爪から皮膚を離すようにテープを貼ります。

※指を捻らないようにテープを引っ張ってください。

※テーピングは寝ている時にはしないでください。

テーピングは一時的なケアになるので、

治療を先延ばしにせず、早めにご相談ください。

巻き爪は、少し気になるけど常に痛むわけじゃないから大丈夫かな?

とそのままにしておくと、大変な痛みや炎症につながる恐れがあります。

巻き爪のサインを見逃さず、

痛くなる前にしっかりと対策することをおすすめします。

痛みが出ていても、巻き爪を矯正するのは可能です!!

もし、すでにお悩みの方はお気軽にご相談くださいね。

ブログカテゴリー

アーカイブ