巻き爪を早期に治療する必要性

巻き爪を早期に治療する必要性

こんにちは!
磐田市で巻き爪施術をしているRISEです。

最近では、男女問わず、巻き爪の症状で悩んでいる方が増えており、10人に1人の割合で巻き爪になっていると言われています。

放置していても自然に治ると思っている方もいらっしゃると思いますが、悪化すると取り返しのつかない事態へと陥りかねません(>_<)

正しい知識を身に付けて対策をしていくことが大切です!

そこで今回は、巻き爪が悪化するとどのような症状を引き起こすのかをみていきましょう。

1.巻き爪が悪化すると・・・

爪の両サイドが肉に埋もれた状態の巻き爪は、
爪が食い込んでいる部分に炎症が起きます。

炎症が継続すると肉芽が形成され、出血しやすくなります。

悪化すると細菌の侵入によって化膿が起き、とても強い痛みが伴います。

弯曲しながら爪全体が伸びている場合は、
症状の進行によって爪が大きく変形すると痛みを生じるケースが一般的ですが、
無症状の方もいます。

但し、軽度の時点で対処すれば、早期に完治することができるので早めの対策が肝心ですね。

2.日常生活へのリスク

先ほどお話したように、巻き爪が悪化すると強い炎症を起こしたり、
常に強い痛みを感じるようになり、日常生活に支障をきたすようになります。

痛みは、日に日に強くなる傾向があり、
靴下や靴の着用が難しくなる可能性や、歩行が困難になってしまう場合もあります。

また、巻き爪の痛みをかばう様な歩き方になると、
歩行時に正しい姿勢を維持できなくなる為、
腰痛をはじめとする慢性的な神経痛を発症するリスクが大きくなります。

3.まとめ

今回は、巻き爪を早期に治療する必要性についてみてきました。

巻き爪かな?と思ったら、ひどくなる前にケアをして頂くことはとっても大切ですね!

また、足の爪を定期的にケアすることで、
巻き爪の予防になり、腰痛や膝痛などのリスクも減らすことができます!

巻き爪でお困りのことがございましたら、是非一度RISEにご相談下さいm(__)m

ブログカテゴリー

アーカイブ