偏平足は巻き爪になりやすい!?その意外な関係とは?

偏平足は巻き爪になりやすい!?その意外な関係とは?

こんにちは!
磐田市で巻き爪施術をしているRISEです。

巻き爪でお悩みの皆様!

巻き爪の原因ってご存知ですか?

爪の切り方などの圧迫も大きな原因の要素ですが、

それ以外にも原因になってしまうものがあります。

歩き方や、身体の使い方足の着き方も影響があり、

膝・足首・足の裏の状態なども関係しています。

今回はその中でも足の指に一番近い足の裏、

『偏平足』と巻き爪の関係について一緒に見ていきましょう。

1.偏平足って何???

一般的に偏平足とは、足の裏にある土踏まずの部分が平らな状態になってしまうことで、

この土踏まずがなくなってしまうことで、様々な問題を起こしてしまいます。

土踏まずは本来、衝撃や体重を吸収する役割を担っており、

体重がかかった時にバネのように、吸収してくれるのですが、

ここの部分が平らになってしまうと、この効果が作用しなくなり、

足に衝撃が加わりやすくなってしまうのです。

そして、衝撃を吸収、分散できなくなることにより、

ダイレクトに骨の方に負担がかかり、その結果、足の裏にマメやタコができたり、

痛みが出やすくなったりしてしまいます。

偏平足は、このように様々な影響を与えてしまうのですが、

何が原因でこの偏平足は起きてしまうのでしょうか?

2.偏平足の原因

偏平足の原因は、様々ありますが今回は何個か厳選してお話していきます。

原因① 歩き方
靴の裏側が外側から減っている方はいらっしゃいませんか?
極端に減っているようなら、

あなたの歩き方は崩れてきている可能性があります。

巻き爪の方で多いのが、歩くときに靴の先に指先が当たったり、

体重をかけると爪が内側に食い込んで痛むため指先の方に体重をかけないように

足の外側や全体が同時についてしまうような歩き方をしている方です。

このように歩いてしまうと、足がもともと持っている体重を

分散する機能を発揮することができず、そのため足全体の機能が低下してしまいます。
足の裏の筋肉が上手に使えなくなることで、偏平足になりやすくなってしまいます。
もし靴の裏を見て、外側が極端に減っているようなら注意してくださいね。

原因② 靴
あなたはサイズが合っていなかったり、先が細かったり、

カカトがないような靴をはいていませんか?

自分に合っていない靴をむりやり履いていると靴の中でずれたり、

圧迫されたり、筋肉がうまく使えなくなってしまいます。

大きすぎても、小さすぎても筋肉がうまく使えず偏平足になりやすくなります。
また、靴の中でずれたり、圧迫されたりすることで、

指先にも負担がかかり巻き爪にもなりやすくなります。

靴は踵がしっかりホールドされ、安定感のあるもので、

サイズがピッタリのものを選んで頂くことをおすすめします。

原因③ 運動
運動不足も偏平足の原因になります。

足にしっかりと筋肉がついている人はちゃんと

土踏まずを維持することができている場合が多く、

逆に筋肉がしっかりとついていない人は偏平足になる可能性も高くなってしまいます。

もし、心当たりがある場合は、普段から適度な運動をすることを心がけ、

ついでに健康的な身体も手に入れちゃいましょうね。

では、次に偏平足にならないための対策を見ていきましょう。

3.偏平足にならないための対策

①筋力強化
まずは、普段うまく使えず、弱くなってしまっている筋肉を使ってみましょう。

(1)床に座った状態で、足を伸ばし、足首を上下に動かす運動

(2)指を大きく開いて(パー)閉じる(グー)運動

(3)地面にタオルをおいて、指で自分の方に手繰り寄せる運動

これらの運動をしっかり行う事で足回りや足の指の筋力がついてきます。
まずは1日10回を1セットとして1日3セットはやってみてください!

②ストレッチ
ふくらはぎや足の裏の筋肉のストレッチをしましょう。

足首をくるくる回したり、青竹踏みなども効果的です。

毎日続けて頂くことが重要なので、少しずつ習慣にしてみてくださいね。

4.まとめ

今回は巻き爪と偏平足の関係をお話させていただきましたが、いかがだったでしょうか?

足に問題を抱えている人は、1ヶ所に痛みが出ていても、

他にも影響が出てくる可能性があります。

もし現在、巻き爪や他の足のトラブルを抱えている人は、

その部分だけではなく全体的にどこに問題があるか探していきましょう。

RISEはそのお手伝いをさせて頂きます。

そこをケアすることで症状を抑えたり、進行を防ぐことができます。

お気軽にご相談くださいね。

ブログカテゴリー

アーカイブ