痛い、巻き爪!自分でできる対処法

痛い、巻き爪!自分でできる対処法

こんにちは!
磐田市で巻き爪施術をしているRISEです。

男女問わず巻き爪で悩んでいる方は意外と多いのではないでしょうか?

巻き爪とは、爪の端が内側に巻き込み、肉に食い込んだ状態を言います。
炎症を起こすと激しい痛みが現れます。

巻き爪でのお悩みは、
・常に痛みがある
・歩くたびに痛みが出る
・たくさん歩いた後に痛みが出る
・以前は痛みがあったけど、今は爪が変形しているだけで痛みはない

など、人それぞれです。

では、そんな巻き爪にならないための予防としては、どんなことができるでしょうか。

また、激しい痛みを伴う巻き爪の対策としては、どうすれば良いのでしょうか。

1.巻き爪予防

巻き爪にならないための予防としては、
巻き爪の原因としても関係の深い、
爪の切り方や正しい靴選びが重要です。

爪を深く切りすぎたり、先を丸く切る切り方は、
巻き爪になりやすくしてしまいます。

靴選びは、

サイズに合わない靴を履いていると足の指が圧迫され、
巻き爪を引き起こすことになりかねません。

また、外反母趾も足全体を密着させ、

爪に負担をかけてしまうので巻き爪になる原因のひとつです。

2.自分でできる巻き爪対策

《爪切り》

足の爪を切るときは、お風呂上がりの爪が柔らかくなった状態で爪を真っすぐに切る。

端の部分は靴下などに引っかからないように、やすりで削る。

このとき、切りすぎ・削りすぎに注意しましょう。

《靴選び》

靴は自分の足のサイズに合わせたものを選ぶようにしましょう。
ヒールの高い靴は避けましょう。

巻き爪に悩まされないために、是非お試しください。

3.まとめ

巻き爪の原因として、爪の切り方と靴選びとても重要です。

日々のケアが、健やかな爪の第一歩になります(^^)/

しかし、巻き爪になり、強い痛みが出てしまっていたら、
すぐにRISEにご相談ください。

早めのケアで、巻き爪の痛みから解放されましょう!

ブログカテゴリー

アーカイブ