巻き爪は自分で治せるの?

巻き爪は自分で治せるの?

こんにちは!
磐田市で巻き爪施術をしているRISEです。

巻き爪とは、特に親指に出ることが多く、

爪の端の部分が内側に巻くようになっている状態のことを言います。

負担が加わりやすい親指がなりやすいのですが、他の指がなる場合もあります。

小さい子供からお年寄りまで幅広く起こり、今現在症状を感じていない場合でも、

何となく指の先に違和感があったり、爪が以前に比べて切りにくくなっているようなら、

巻き爪になりかけている可能性があります!

今回はそんな誰でも起こりうる巻き爪の対処法についてお話していきます。

1.巻き爪の主な原因

なぜ、巻き爪になってしまうのでしょう?

どんな原因があるのか見ていきましょう。

①爪の切り方
巻き爪になりやすくなってしまう爪の切り方があります。
丸く切ったり、山のように三角に切ったり、白い部分が残らないほど深く切ってはいませんか?

深く切る切り方をしていれば、あなたは知らず知らずのうちに巻き爪を助長している可能性があります。

②靴
外からの圧力や衝撃が積み重なることにより巻き爪を助長しています。

・先の細い窮屈な靴
・バランスが取れないヒール
・支えがふにゃふにゃの靴
・サイズの合っていない靴

主に、このような靴を履いていると、

爪にかかる衝撃も大きくなり巻き爪になりやすくなってしまいます。

巻き爪が気になる方は早めに見直してみるといいですね。

③運動不足
足の指を使い、下から適度な圧を受けると爪が平らになろうとする力が働き、

爪は真っ直ぐ伸びていきます。

運動不足や歩き方が悪く、足の指がしっかり使えていないことがあります。
その場合、爪は内側に巻きやすくなってしまいます。

歩くときに指が地面から浮いていませんか?

④運動のしずぎ
強い負荷がかかりすぎると指の中で炎症を起こしてしまい、

そこが原因として巻き爪になる可能性があります。

このように色々なことが原因になってきます。

では、その巻き爪にはどんな種類があるのか見ていきましょう。

2.巻き爪の種類

①湾曲層
名前の通り、曲がった(湾曲)状態で伸びてしまったものをいいます。

親指がなることが多く、その形も『つ』『C』のような形になってしまい、

その形や深さによっては、痛みを伴う事もあります。

②陥入爪
爪が伸びることにより、中の肉に食い込み、激しい痛みや腫れを伴うもので、

長時間続くことで線維性の組織を作ってしまい出血してしまう事も・・・

また、どちらも同時に起きる方や半月型になる方もいますが、

どの種類でも無視しているといつの間にか酷くなってしまい、

痛みが強くなることも多く、

巻き爪かな?と思ったら早めに対策をすることをおすすめします。

3.自分でできる応急処置

痛みはないけど、爪が曲がってきたり、

巻き爪かな?と思ったときに、自分でできるケアとして様々な方法があります。
その中でも、特に効果的な方法を見ていきましょう。

①コットンパッキング法
コットンパッキング法は、とりあえず痛みを緩和させる方法として有効です。

自宅にあるコットンでケアすることができるので非常にお手軽な対策です。

爪の長さがある程度ある巻き爪の場合、

米粒大にちぎったコットンをピンセットなどで掴み、

爪と皮膚の間に入れることで肉に食い込むことを和らげ、

上手くいけば隙間が広がっていくので、お手軽にできる方法としては非常に優れたケア法だと言えます。

しかし、コットンの大きさが大きすぎると、

皮膚を圧迫したり、爪を浮かせる力が強く働き、

爪甲剥離(爪と皮膚の部分が離れる)状態になる可能性があるので注意が必要です。

衛生面や爪の状態を考えると、毎日入浴後に取り替えるのがベストです。

もし、違和感があったら無理に続けずに専門家に相談してくださいね。

②テーピング法
こちらもお手軽にできる方法です。

【やり方】
テープを爪の端に貼る

この時に爪と皮膚の間に隙間ができるように強めに引っ張る

そのままそのテープを反対側のやや付け根よりに貼り付ける

オススメのテープは、ニチバンのシアテープです。

上手くいけば爪と皮膚の間に隙間ができるので痛みが和らぎます。
これも衛生面を考えたら、毎日取り替えるのがベストです。

しかし、皮膚が荒れたり、違和感があったら無理に続けず専門家に相談してください。

③切り方
1の巻き爪の主な原因でもお話したように、

間違った爪の切り方をしてしまうと、

巻き爪を助長してしまうので注意が必要です。

正しい切り方は、爪の先と指の先が同じ高さになるように真っすぐ切ることです。

四角形になるように切り、そのままだと端が靴下などに引っかかってしまうので、

少しだけ角をやすりで丸く削ります。

4.痛みでお悩みの場合

最終手段として、専門医を受診することを視野に入れてください。

○病院
・フェノール法
フェノールという腐食性の液体を使用することにより、

爪を作る組織を破壊する治療です。

局所麻酔が必要になるが、治療翌日より入浴可能で、

痛みが従来の手術に比べて少なく、化膿を起こしても手術ができるというメリットがありますが

運動や長時間の歩行を半月ほど控えたり、爪の幅が狭くなってしまったり、

巻き爪の再発率が多いというデメリットもあります。

・鬼塚法
内側に捲くれ込んだ爪と爪床と爪母の部分をメスで切り取る治療です。

短期間で巻き爪の痛みはなくなりますが、術後の痛みが強くあり、

術後小さな爪が生えてきて再発することもあります。

○治療院(RISEの場合)
・プレート
巻き爪ケア専用の器具を取り付け、

巻き爪が平らになるようにケアする技術です。
皮膚に巻き込んでいる部分を一度に引き上げていくので、

痛みがその場で解消されることも多く、施術自体も痛みがありません。

また、すぐに運動や入浴が行えるのも大きな魅力です。

数ヶ月間、月に1から2回ほど通院する必要があります。

巻き爪は自然に治ることは少なく、放置してしまうことで、

悪化し痛みが強くなったり、炎症を起こしてしまうことがあります。

対処が遅ければ遅くなるほど、悩む時間も増え、ケアにかかる時間も増えてしまいます。

5.まとめ

巻き爪かな?と思ったときに自分で応急処置をして、

巻き爪を悪化しないようにしたり、痛みを軽減させることはできます。

しかし、改善や治すことは難しくなりますね(>_<)

巻き爪のことでお悩みの方は、早めにRISEにご相談くださいね。

ブログカテゴリー

アーカイブ