その靴大丈夫?巻き爪の原因は靴だった!?

その靴大丈夫?巻き爪の原因は靴だった!?

こんにちは!
磐田市で巻き爪施術をしているRISEです。

・靴を履くときに痛みがでる。
・歩くとき、踏み込んだ衝撃で痛みが出る。
・靴を履き、体重をかけると痛みがでる。

そんな巻き爪の痛みでお悩みの方。

靴によって巻き爪を助長している可能性があります!

『でも、どんな靴を履いたらいいのか、よくわからない・・・。』

という方も、いらっしゃると思います。

今回は、巻き爪に深く関わってくる靴について一緒にみていきましょう。

1.巻き爪とは

巻き爪とは、爪の端の部分が中側に巻くような状態をいい、
特に足の親指がなりやすいといわれています。

巻き爪になってしまうと、爪の端が肉の部分に食い込んで、
周りが腫れてしまったり、その皮膚の傷に菌が入ってしまい、化膿してしまいます。

巻き爪は自然に治ることは少なく、
長く悩まれている方も多くいらっしゃいます。

2.巻き爪の原因

巻き爪の原因の1つに、爪の切り方があります。
必要以上に深く切ってしまったり、
先を丸く切ってしまうと巻き爪になりやすくなります。

また、体重が増えてしまったり、運動不足で筋力が落ちてしまったり、
逆に運動のしすぎで指に炎症が起きてしまうなど、様々な原因があります。

特に注意したいのが靴です。
常に履いている靴が、自分の足に合っていないと爪に悪い影響を与えてしまいます。

では、ダメな靴とはどんな靴でしょう?

3.ダメな靴

【先の細い窮屈な靴】
外からの衝撃や、圧力が加わることにより、
一回一回の衝撃はたいしたことなくても、その衝撃が積み重なることにより、
爪や爪を作っている根元に外力が加わってしまい、
爪を変形させる原因になってしまいます。

【バランスのとれないヒール】
ヒールはバランスが悪く、高ければ高いほどアンバランスになってしまいます。
そもそもヒールはつま先歩きで歩いているようなものなので、
足が着いたときに衝撃を吸収することができません。

【サイズが合わない靴】
大きい靴だと指が靴の中で大きく動くことで、
衝撃が加わりやすくなってしまいます。

小さい靴だと爪や指などが常に圧迫されてしまい、
その圧力が巻き爪の原因になってしまいます。

【固定できない靴】
サイズが理想的でしっかりと衝撃を吸収してくれる靴でも、
紐やマジックテープで固定することができないと、
靴の中で指が大きくぶれてしまい衝撃を受けてしまいます。

4.足に優しい靴を選びましょう!

・紐かマジックテープなどで固定できるもの
・踵の部分がしっかりしている
・ヒールは3㎝以内
・指の付の部分の足底が曲がりやすい構造
・インソールが足裏にフィットしている

パンプスを選ぶなら・・・
・靴先はオブリーク型
・甲をしっかり押さえられるバンドが必須で、ボタン式のものよりはマジックテープ型が良い
・ヒールの高さは3㎝、どんなに高くても5㎝を超えない

これらのことを踏まえて、靴選びをしていただくことをおすすめします。

巻き爪はちょっとしたきっかけで起きてしまいます。

少し気を付けることで、巻き爪を予防することができます。

ズキズキ、痛い巻き爪。

痛みなく、快適に過ごすために、ちょっと気を付けてみてくださいね。

ブログカテゴリー

アーカイブ